超・人手不足の時代。最上の解決策は、現有社員の能力アップです。|ゲーム感覚で学べる、教育ツール「Qラーニング」 | KID'S COMPANY

「超・人手不足の時代。最上の解決策は、現有社員の能力アップです。」「スマホをうまく使って、人の能力を高める賢い方法があります。」

Qラーニングロゴ

右の登録フォームにアドレス登録するだけで、Qラーニングの詳細がわかるPDFが入手できます。


「できる人材が足りなくて困っている」という悩みは現代日本企業共通の悩みです。

実は数年前に団塊の世代が現役をリタイアしてから、日本の生産人口が大きく減っています。また、新たに生産年齢に達する人口は年々減るしかない状況です。しかも、団塊の世代は多様なスキルを修得していた効率化に欠かせない人員でしたから、日本の仕事の現場では、大変な人手不足に陥っています。(左の図をクリックして拡大してご確認ください)


この状況を抜本的に改革するには、技術革新を導入して、あらゆる分野で「イノベーション」を起こすしかありません。

では、どんなイノベーションが必要なのでしょう?





「人の教育」は、避けて通れないこれから20年の課題です。

通常人手不足の解消には、人を雇うしかありません。しかし人手不足の時代に求人をしたところで、売り手市場であり、「給料を高くしないと人が集まらない」わけです。そして、高給だからスキルの高い人材を確保できるかと言えばそんなことはありません。素人同然の人材が集まるだけです。

ですから、誰を雇うにせよ、「教育」を避けて通ることはできないのです。イノベーションを起こすなら「教育」分野が最優先です。

さまざまな自動化策を導入するが、それを「使いこなせる人材」は、例えば自動化システムが故障した時の対処など、場合分けの複雑で対応の難しい仕事を人間がするしかありません。

今年、もし日本が人口増に転じたとしても、その子供が社会に出て働いてくれるのは18~20年後。ですから、今後20年は、最低、人の教育の効率化は避けて通れないのです。




実は、WEBは「人の教育」には向いていない媒体です。

教育の分野にイノベーションを起こすなら、デジタル技術を使った効率化は最優先で考えるべきです。

しかし、近年、学習シーンにおいては「手書きでのノートの記帳」ということが効果的であることが再認識されてきています。

なぜなら、手書きの文字は上手い下手に関わらず、すべて「自分専用フォント」だからです。PCやWEBで使われるフォントは「社会の文字」であり、自分自身の「実感」で習得すること自体がむずかしいのです。

もともと「実感」の持ちにくいデジタルツールを使っていかに学習効率を高めていくのか? という問いかけこそが「Qラーニング」の存在価値なのです。



WEB教育ツールで効果が期待できる仕組みのある「Qラーニング」

実際、さまざまな教育を行うにしても、その「学習時間」をいかに生み出すのか? という事は、人手不足の時代には、大きな課題になるでしょう。もともと、学習している時間がないのです。

また、多様でこまやかな情報メディアに接してきた若い世代には、SNSなどでのコミュニケーションこそが重要。そんな時間よりも「学びの方が楽しい」と感じさせる適切なモチベーションを与える必要もあるはずです。

「Qラーニング」は、これらの社員教育の壁、

という問題に対して「あ、そうか、その手があったか!」というあざやかなアイディアで対応しています。Qラーニングが多くのお客さまから「これは良い発想だ」と評価いただいているのも、この根本問題を解決する手段を提供しているからです。

「Qラーニング」の考え方は、もしかすると、これからの社員教育のさまざまな分野に応用できる、基本的な教育アプローチであるかも知れまん。詳しくはメールアドレス登録だけでダウンロードいただけるホワイトペーパーで確認できますが、この「考え方」だけでも、あなたの業務や教育スタンスの変更に役立つかもしれません。

ぜひ、いますぐご登録ください。




ゲーム感覚で学べる教育ツール「Qラーニング」なら、教育効果は速く、確かです。

人手不足の時代は人材獲得コストが一気に高騰します。そして、人材の教育コストも日々大きくなっていくでしょう。これまでの日本社会なら、徒弟制とは言わないまでも、先輩が後輩を教える「OJT(オンザジョブトレーニング)=仕事をしながらの教育」でも十分間に合いました。

しかし、いまや、OJTを行っている余裕は中堅社員にはありません。WEBなどのシステムで対応できなかった複雑でやっかいな仕事を回していかなければならないからです。

結局、もっとも効果的なのは、いますでに現場にいて、十全には能力を発揮できていない社員に、的確な対応を無理なくこなせるように「システム」を作ることです。

「Qラーニング」は、システムの企画と運営は株式会社ランドマーク様が、システム開発は株式会社グラフネットワーク様が担当されています。そして、私KID'S COMPANY 木田茂夫は御社に合わせた「問題=コンテンツ」の制作を高品質で行います。

何を現有社員に教育すれば良いのか? どんな説明を行えば分かりやすくなるのか? などの「教育コンテンツ」の内容は、まさに教育効果にもっとも直接影響を及ぼします。

御社独自の教育システムを「Qラーニング」で作りたいと、お考えになられましたら、まず以下のボタンをクリックして、まずは私までお問い合わせください。

最適なシステム・コンテンツ内容をご提案さしあげます。

制作依頼など、お問い合わせは、

まで。
いますぐお問い合わせください。